ヨーグルトの広場 Q&A

イリヤ・イリイチ・メチニコフ (1845年5月 - 1916年7月)

 メチニコフは、ロシアの微生物学者及び動物学者で、白血球の食菌作用を提唱し、免疫系における先駆的な研究を行ったことで有名な人。

 晩年には老化の原因に関する研究から、大腸内の細菌が作り出す腐敗物質こそが老化の原因であるとする自家中毒説を提唱した。ブルガリア旅行中の見聞からヨーグルトが長寿に有用であるという説を唱え、ヨーロッパにヨーグルトが普及するきっかけを作ったことでも知られる。自身もヨーグルトを大量に摂取し、大腸を乳酸菌で満たして老化の原因である大腸菌を駆逐しようと努めた。

イリヤ・イリイチ・メチニコフ

[ウィキぺディアより]

コメント

Down Arrow コメントをする
イリヤ・イリイチ・メチニコフ (1845年5月 - 1916年7月)

媚薬は古来世界のどこにでもあるものであった。とくにインドと中国での媚薬づくりは有名である。世界最古の性愛書といわれるインドの『カーマスートラ』(4世紀ごろ)では、異性魅惑法、強精剤、男根増大法などと分類したうえ、処方さえ述べている。

イリヤ・イリイチ・メチニコフ (1845年5月 - 1916年7月)

媚薬が催淫剤である以上、催淫作用はあるにせよ、いま述べたような目的を万人に十分に達成させうるものかどうか、かならずしも信用できない。しかしながら、性的興奮には心理面が大きく作用することは否定できない。

イリヤ・イリイチ・メチニコフ (1845年5月 - 1916年7月)

古代エジプトでは神聖視するワニを媚薬として食べたが、ヨーロッパの媚薬には動物系のものが伝統的に多かった。現代でも媚薬づくりは絶えないが、ヨヒンビンなど生化学薬品になったのが特徴である。

イリヤ・イリイチ・メチニコフ (1845年5月 - 1916年7月)

男性にあっては、勃起(ぼっき)の促進や強大化、持続力増大化、性交回数増加などの目的が設定されている。女性にあっては、性的興奮以外に、陰唇の膨張化や女門の狭小化を促すといわれるもの、あるいは乳房を大きくするというものなどがある。

イリヤ・イリイチ・メチニコフ (1845年5月 - 1916年7月)

「威哥王」は、「いざというときに頼りにならない」「パートナーの機嫌を損ねてしまう」などという、男性特有の悩みを解決するために誕生した男性サプリです。

イリヤ・イリイチ・メチニコフ (1845年5月 - 1916年7月)

中年、老年の者が若さを回復させる薬剤。若々しさを永久に保ち人生をつねに青年のように活動的にあらしめたいという不老不死、若返りの夢は、古今東西の人間の共通の願いであるが、現実は加齢とともに老いてゆく。

イリヤ・イリイチ・メチニコフ (1845年5月 - 1916年7月)

シアリスをご購入のお客様全員にジェネリック薬のタダシップを1箱プレゼント!この機会にシアリスとタダシップを飲み比べて頂き、同じ効果であることをご確認下さい。 ジェネリック薬なら同じ効果で1錠あたり73%オフと圧倒的にお得です!

イリヤ・イリイチ・メチニコフ (1845年5月 - 1916年7月)

ヨーグルトが長寿に有用であるという説を唱え、ヨーロッパにヨーグルトが普及するきっかけを作ったことでも

イリヤ・イリイチ・メチニコフ (1845年5月 - 1916年7月)

Now that

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

お問い合わせはTEL、FAX、MAILで受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

TEL:0294-23-2800
(平日9:00~18:00)

FAX:0294-33-6602
MAIL:shopmaster@oiba.jp
(24時間受付)

ページトップへ